00022
スレ主
アメリカ、ロシア、中国に引き続き世界で4番目に成功...
開発コストは、約4155億ウォン。



韓国人の反応


1
日本だから...ただそれだけですね。


2
あれを作るのに4000億ウォンしかしなかったんですか?www
はぁ...川底に使ったのが...


3
>>3
開発コストが4155億であれば、今後製造するのはもっと安くなるんじゃないの?


4
ステルスなのに安いですねwww


5
私たちは川底に22兆ウォン打ち砕いたのに...


6 スレ主
>>5
同意します...


7
日本はすでに航空機の技術を持っていて、開発費と時間が少なくて済んだのでしょう。


8
韓国が4大河川で川底を掘って、魚のロボットを開発している間に、日本はステルス機...


9
あれは、実際に武装して実戦配備した場合、兆単位のお金がかかるでしょう。私たちは最初から不可能だというのが問題ですけどね。


10 スレ主
>>9
私たちには技術もないですからね...


11
私たちはT50の開発に2兆ウォン近くかかったと聞いた。ステルス機はこんなに安いんですか?


12
本当に韓国は詐欺師があまりにも多い。


13
日本はロケットも開発していて、この前も商業衛星を打ち上げていたじゃないか。それに最初のお客様が韓国でした。


14
あれは文字通りステルス飛行機1機の技術実証開発コストです。実際の戦闘機になるためには抗戦装備、武装システム等をもっと開発する必要があります。それでも思ったより安いですね? www


15
技術実証機です。つまり実戦ステルス戦闘機を作る前、技術的に可能かどうか実験する機体であり、米国のように実戦配備したり、ロシア、中国のように実戦配備準備中の機体はありません。


16
技術実証機ですね。今までの技術があるから、この費用で済んだのです。とにかく羨ましいですね。


17
李明博は川底にステルスを使って、22兆ウォン消したのに...


18
>>17
お金がステルスされたのか...www


19
プロトタイプでもなく、技術実証機です。2028年の量産を目標に開発中なんです。その後量産する戦闘機は、中国のJ-20よりもパフォーマンスが劣るんです。だから米国F-35の技術移転を受けようという意見が主流なんです。


20
川底に落としたお金は誰のポケットに行ったの?


21
4000億?それなら安いでしょう?我が国は川を少し掘っただけで22兆ウォン使ったのだから...



翻訳元
http://www.ppomppu.co.kr/zboard/view.php?id=freeboard&no=4703355